【フィリピンで子育て】ヤヤさんへの感謝

【フィリピンで子育て】ヤヤさんへの感謝

こんにちは、さきめろです。

先日から、娘の風邪をもらってしまい、この数日は寝込んでいました。

わたしのコンドミニアムにはたくさんのベイビーとキッズがいて

プレイルームや公園で国籍関係なく一緒に遊んでいるのですが

今の時期はみんなゴホゴホと咳をしています。

娘はそこから風邪を拾ったようです。

こういうときには家でおとなしくしていたほうがいいですね。

コロナウイルスも心配だし・・・。

体調を崩し育児がどうにもできなくなったとき、唯一頼れる存在がヤヤさん。

ヤヤさんはタガログ語で『ベビーシッター』のことです。

ベッドから起き上がれなかったので

おいしいお粥を作ってもらい、お薬を買ってきてもらい

いつもはきっちり午後5時に帰ってもらうのですが、この時は少し長めに働いてくれました。

 

うちは夫が仕事で忙しくしていて、育児に参加しないのでシングルマザー状態。

(わたしも会社で働いているのですが!)

普段はヤヤさんとわたしで育児をこなしています。

まるで母親とおばあちゃん。

信頼できるヤヤさんを見つけるのは難しいと言われていますが、うちのヤヤさんは100点満点です。

感謝してもしきれません。

ここまで信頼関係が築けている家庭は珍しいのではと思います。

いきなり来なくなった、お金を盗まれたという話をよく聞きますもんね。

 



 


 

ヤヤさんとの信頼関係

ヤヤさんを雇う上で、いちばん大切なのは信頼。

普段は会社で働くわたしの代わりなので、わたしよりも過ごす時間も多いし

子供のことをよく分かってくれてます。

生後2ヶ月の時に会社に復帰したので、正直、わたしは全然子供と時間を過ごせていません。

はずかしながら歯磨きもろくにさせてあげられない母親なので、ヤヤさんにやってもらています。

そんなわたしに対しても娘のように思ってくれているヤヤさん。

彼女にも3人の子供がいて、一番下はまだ10歳。

まだ手のかかる年頃なのに、追加で2人の娘が増えてしまっています。(笑)

旦那さんは仕事をしていないみたいで、1人で家計を支えています。

一見、大変な生活をいているように見えますが、性格はいつも穏やか。

わたしも見習わないとな。

たまにお金を貸してくれと言ってくるけれど

生活環境を思うと仕方ないかなと思い貸してあげています。

ついこの前も、実家に帰るためのフライトが払えないと言うので

代わりに買ってあげました。

友人や同僚からは、やりすぎと言われ

もっと厳しくしたほうがいいのでは?と思ったこともありましたが

こんなにお世話になっていて、もらっているばっかりではフェアじゃないので

できるだけの支援はしたいなと思っています。

 




 

無理させて気づいたこと

今はお互いの信頼関係があるけれど、ここまでの道のりは簡単ではなかったんです。

以前わたしの勤めていた会社は金融機関で、すごく時間に厳しく簡単にお休みを取れませんでした。

絶対に休まないで!休み時は遅くとも前日までには連絡して!

とお願いして、ヤヤさんに無理させていました。

代わりのヤヤさんを見つけることもできたのですが

急に1日だけ!とお願いできる人を見つけるのも一苦労なんです。

ときには体調が悪いのに、わたしのお仕事が休めないからと、働いてもらったこともあります。

わたしが残業をしなければいけない日も多く、ややさんには実質1日12時間も働いてもらっていました。

しかも、通勤に1時間以上かかるので、体力・精神的にも大変だったと思います。

そうしていたら、なんだかお互いの雰囲気がギクシャクして、ちょっとしたことでも

『嘘言ってるんじゃない?』って思っちゃうようになったし、ヤヤさんもそれに気づいていたみたい。

今の仕事に変えてからは、時間と場所にわりとフレキシブルに働けるので

急な予定でヤヤさんが来られなくなっても大丈夫。

おかげでヤヤさんが抱えていたプレッシャーも軽くなったみたいで、

お互いギクシャクした雰囲気がなくなりました。

今はわたしにとって良き相談相手であり、お母さんのような存在であります。

昨年、この1年半頑張ってくれたお礼に、お給料を上げて、クリスマスボーナスも奮発しました。

家族で盛大なクリスマスパーティーをすることができたそうで、よかったよかった。

今日はこの数日寝込んでいたときに考えていたことを書いてみました。

読んでいただいてありがとうございます❤



sakimello

さきめろのブログへようこそ。 このブログを運営しています、さきめろと申します。
メニューを閉じる