【フィリピン・マニラ】コロナ状況下でShangri-La at The Fortに泊まってみた

【フィリピン・マニラ】コロナ状況下でShangri-La at The Fortに泊まってみた

皆さん、こんにちは!

フィリピンのマニラ在住、1児のママをしています、さきめろです。だいぶお久しぶりのブログとなってしまいました・・・半年ぶりかな?

このコロナ状況下で、数カ月ベビーシッタが雇えなくなり、フルタイムで会社の仕事をしながら育児をやっていたので、ブログは少しお休みしていました。このあたりのお話は、別のブログ記事でシェアしますね。

さて、今日は2020年12月29日。私の住むフィリピンでは毎日1000人前後の感染者が出ている状況。この状況は2021年10月ごろまでは確実に続くのではと予想されています。

わたしは今年2月から、ずっと在宅勤務。一度もオフィスに戻れずにいます。

12月に入り、メトロマニラでは17歳以下の子供はモールに入れないという法令が出て、ほとんどのレストランが17歳以下を受け入れてくれなくなりました。だから我が家はずっとお家に引きこもりです。

子供を受け入れてくれるレストランはいくつかあるのですが、質の良いレストラン(マネジメントがしっかりしているという意味)は、ほとんど不可。

もちろん、私たちの娘(2歳半)を連れて行くにはそれなりに安全なところでないと行けないので、タギッグ、マカティ、パッシグ、オルティガスにあるレストランに、手当り次第電話をしましたが、どこもダメとのこと。アメリカ人の旦那さんは、クリスマスなのに家に引きこもっている状態に激怒・・・・。そこで、3日間ステケーション(Stay + Vacationの意味)することにしました!

選んだホテルは、メトロマニラのタギッグにあるシャングリラホテル(Shangri-la at The Fort)です。バスタブ付きのお部屋があると聞いていて、ずっと利用してみたいと思っていたホテルでした。



 

コロナ状況下でマニラのホテルに泊まれる?

 

コロナ状況下でホテルに泊まれるのか? レストランが子供を受け入れてくれないのに、ホテルは大丈夫なの? という疑問がありましたが、ホテルに電話をしてみたところOKとのこと!

ただし、以下の通り制限がありました。

・ゲストルーム以外は常にマスクとフェイスシールドを着用すること
・到着時に新型コロナウイルス抗体検査(Rapid antigen test)を受け陰性であること
・健康状態自己申告書(Health declaration form)をオンラインで提出すること

シャングリラホテルは、新型コロナウイルス抗体検査を独自で実施していました。ホテル到着時に受付へ行き、検査専用のお部屋に案内してもらい、検査を受けました。料金は1人当たり1800ペソ。結果は約10分ほどで出ました。

妊娠検査薬みたいですね。

家族3人、陰性の検査結果が出たので、受付に戻りチェックインです。ホッとしました。

ホテルに滞在しているゲストであれば、17歳以下であってもホテル内のレストランを利用してよいとのこと。レストランを利用する時は、健康状態自己申告書を提出した際に受け取ったQRコードを、受付で提示する必要があります。

クリスマスが終わった12月27日にチェックインしましたが、ロビーの様子はまだクリスマス一色です。

 

ゲストルームの様子

BGCとマカティが見渡せるツインルームのお部屋を選びました。眺めはまずまず。夜の方がより雰囲気が良いかなと思います。

サンタさんからのメッセージカードと、靴下のぬいぐるみのギフト。

バスルームはなんとバスタブ付き! フィリピンではバスタブはとっても珍しいんです。2歳半の娘は人生で初めてのお風呂。私も約1年ぶりのお風呂を堪能します♪

シャワージェル、シャンプー、コンディショナー、ソープなどのアメニティは大好きなロキシタン。

もちろん、カフェもありました。紅茶(カモミールティとイングリッシュブレックファースト)とインスタントコーヒーです。



 

ホテル内を探検

ホテル内にはこんな施設があります。

・スポーツジム
・プール(ジャクジーは利用不可)
・子供のためのプレイグラウンド(利用不可)
・テニスコート
・レストラン&カフェ(一部のカフェは利用不可)

2歳の子供と遊べると思っていたプレイグラウンドが利用不可だったので、プールを利用することにしました。プールは誰でも自由に出入りしてよいわけではなく、人数制限があるそうです(何人か聞くの忘れましたが)。利用には事前に予約が必要です。

プールのすぐ隣にはペルー料理レストランとバーがありました。おそらくカクテル等をオーダーしてプールでいただくこともできると思います。

 

朝食会場の様子

ホテル滞在の楽しみの一つは、やはり朝食!

通常はHigh Street Cafeというカフェで朝食を提供しているのそうですが、コロナ状況下でカフェがクローズとなり、代わりにカンファレンスルームが朝食会場となっていました。優雅な朝食の雰囲気を想像していたので、個人的には少しがっかり。

朝食はビュッフェスタイル。Western、Filipino、Continental、Egg Station、Bakeryなどのコーナーがありました。自分たちで料理をお皿に盛ることはできず、スタッフがリクエストに応じて盛り合わせてくれました。卵料理はリクエストに応じてスクランブルエッグや目玉焼きなどをその場で作ってくれます。

わたしは朝食は少なめ派なので、フルーツ、グラノーラ&ナッツ、ソイラテをいただきました。上の写真は、旦那さんのアメリカンスタイルの朝食。

残念なポイントは、サラダがなかったこと。フルーツはありましたが、フィリピンのホテルに通常あるような、様々なフルーツがバーンとお皿に乗っているようなものではなかったので、こちらも残念。アメリカ人の旦那さんから『朝食ビュッフェにサラダなんかないだろ』と言われましたが、そうなのかしら?

 

シャングリラホテルに泊まってみた感想

コロナ状況下ということもあり、ホテル内の施設が一部利用不可となっていたことは残念でしたが、どこにも遊びに行けないこの時期に、家族で一緒に非日常を味わえたことには大満足でした。

シャングリラホテルの良いところは、ホテルスタッフの対応が、他のマニラのホテルと比べてとても丁寧。しっかり教育されているなという印象でした。

ただ、レストランスタッフについては少し不満もありました。伝えたとおりの予約ができていなくて時間通りにお店に入れなかった挙句、ミスに対して言い訳しか言わないという対応もありました。これはかなり残念です。

ホテル内のレストランについては、上記の体験を除き、クオリティは良いと思います。長くなるので別の記事に書きますね。

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

 



sakimello

さきめろのブログへようこそ。 このブログを運営しています、さきめろと申します。
メニューを閉じる