絶対試したい!フィリピンのめずらしいフルーツ

絶対試したい!フィリピンのめずらしいフルーツ

こんにちは! さきめろです。

南国のフィリピンには、日本人にとってはめずらしい、ユニークなフルーツがいっぱいあります。

わたしは初めてフィリピンに来たころ、見たことないフルーツがたくさんあり、近くのフルーツスタンドで色々と試しました。食べ方が分からず、『どうやって食べるの?』と定員さんに聞きながら、食べ方を覚えていました (笑)

今回はフィリピンでよく見られるめずらしいフルーツ10選をご紹介します!

 



フィリピンの国民的フルーツ!マンゴー(Mango)

フィリピンの国民的フルーツといえば、やっぱりマンゴー!

「世界一おいしいマンゴーはフィリピンから」と言われるほど。

フィリピノ語では「mangga(マンガ)」と呼ばれ、国の重要な農作物でもあります。フィリピンマンゴーの代表的なものはカラバオマンゴー(Carabao Mango)とシャンパンマンゴー(Champagne Mango)。どちらも果肉が甘くとてもジューシーです。

 

見た目が独特!味はライチみたいなランブータン(Rambutan)

(Photo from BUSINESS DAIRY Philippines)

ランブータンは「アジアのエキゾチックなフルーツ」と言われています。

赤い色の皮から、ちくちくしたトゲのようなものが伸びていて、ハリネズミを連想させる、風変わりな見た目をしています。皮の中には、淡いピンク色の果肉が入っていて、味は甘酸っぱくナタデココのような触感。ライチによく似た味をしています。

よく同僚が、ランブータンを袋いっぱいに詰めてオフィスに持って、それをみんなでシェアして食べます。手が汚れるのと、ごみがいっぱい出るのが少し面倒です。

 

じゃがいもみたいだけど実はフルーツ!ランソネス(Lanzones)

(Photo from ChoosePhilippines)

見た目は小さいジャガイモのようなランソネス。ブドウのように房上に果実がなります。

果実は甘く、ときどきすっぱい味がします。上品な味のとってもおいしいフルーツです。ビタミンAが豊富に含まれていて、健康にもよいんです。値段は安く、500グラムで40ペソから80ペソで購入できます。

 

お釈迦様の頭みたい?!シュガーアップル(Sugar-apple)

(Photo from Indiamart)
「シュガーソップ(Sugarsop)」、「カスタードアップル(Custard Apple)」、「アティス(Atis)※フィリピン語」などの名前でも知られ、フィリピンなどの熱帯気候の国々で栽培されています。

緑色のでこぼこした皮が特徴。白くてクリーミーな果実が中に入っていて、カスタードのような香りがするため「カスタードアップル」とも呼ばれているのです。

お釈迦様の頭みたいに見えるので、『釈迦頭』とも呼ばれているそうですよ。



ザラザラした食感が特徴 チコ(Chico)

(Photo from MY GISITAL LIFE)

チコは熱帯気候の国々で栽培される甘いフルーツです。

ビタミンAとビタミンBが豊富に含まれ、たっぷりの果糖が含まれているため、パワーチャージしたい時によく食べられます。暑い夏にぴったりのフルーツです。

そのまま食べてもよいですが、とっても甘いのでシャーベットやアイスクリームの材料にもよく使われます。ザラザラした食感で、苦手な人も多いのですが、甘いものが大好きな方にはぴったりです。

 

さっぱりしたフルーツ サントール(Santol)

(Photo from flickr)

サントールは、コットンフルーツ(Cotton fruit)という名前でもしられ、見た目は心なしか桃に似ています。果肉は白く、味も桃、触感はリンゴによく似ています。

皮をむくと果実が少なく、物足りなく感じるかもしれません。栄養面ではビタミンが豊富で、フィリピンでは病気と闘うためにも食べられているそうですよ。



 


 

フィリピンの珍しいフルーツ、いかがでしたでしょうか?

フィリピンに行った際は、ぜひ試してみてくださいね。

 

フィリピンに関するお問い合わせはこちらからお願いします。

sakimello

さきめろのブログへようこそ。 このブログを運営しています、さきめろと申します。
メニューを閉じる