マニラのグルメ|Melo’sで和牛霜降りステーキ

マニラのグルメ|Melo’sで和牛霜降りステーキ

こんにちは、さきめろです。

「おいしいステーキが食べたい!」アメリカ人夫の希望に応えて、和牛とアングスビーフがおいしいと評判のレストラン、Melo’s(メロズ)へ行ってきました。

あ!私の苗字と一緒の名前(笑)

和牛とアンガス牛で有名なレストラン、Melo’s(メロズ)

評価:★★★★☆
料理:ステーキレストラン
予算:1500ペソ(2人あたり)/ビール110ペソ(1杯あたり)
ハイライト:バーあり、テラス席あり、Wifiあり

Melo’sは質の良い和牛とアンガス牛を提供する高級レストランです。

Melo’sの歴史の始まりは1987年。「お客様に最高の経験を提供する(”to gove customers nothing but the best kind of experience on every visit.”)」というのがオーナーCarmelo Santiago氏の信念だそう。

現在、アラバン(Alabang)、ケソンシティ(Quezon City)、ボニファシオ・グローバルシティ(Bonifacio Global City) に、合計3つの店舗があります。

今回私が訪れたのは、マニラ首都圏のタギッグ市(Taguig City)にある、ボニファシオ・グローバルシティ店です。

Melo’sは「フィリピンで最も古くからあるステーキハウス」といわれ、質の高い食材とホスピタリティあふれるサービスで有名です。

ステーキカートを使用し、お客の目の前でステーキをカットしてくれます。ステーキカートを導入するのはフィリピンでここだけだそう。

アンガスビーフ

Melo’sは、フィリピンで初めて「サーテイファイド・アンガス・ビーフ®(ブランド名 : CAB® / Certified Angus Beef®)」を提供したレストランです。このブランドは、アンガス牛系で10項目の技肉規格にてすべて合格した牛のみ認定されます。豊かな風味、柔らかさ、そしてジューシーさが特徴で、最高級品質としての評価を受けています。

日本から輸入された和牛日本から輸入された和牛

Melo’sの一押しメニューは、日本から輸入された質のよい和牛です。フィリピンで初めて和牛の提供を始めたのも、ここMelo’sなんです。鹿児島黒牛と佐賀牛のコースメニューがあり、どちらもリブアイ・ステーキ(あばら肉の中でもっとお柔らかい上質の部分)とストリップロイン(小さめにカットした牛サーロイン肉)から好みのスタイルを選べます。

 

和牛とワインを堪能して大満足

わたしは6オンスの佐賀牛ステーキセット(6oz and Grilled Lobster Tail Saga Premium)を注文。6オンスが一番小さいサイズでしたが、かなりボリュームがありおなかいっぱいになりました。お肉は甘くてとってもジューシー。さすが和牛。

旦那は8オンスの鹿児島黒牛(8oz and Grilled Lobster Tail Kagoshima Gold)を注文。8オンスだとお肉が分厚く、和牛霜降りのためかなりのボリューム。アメリカ人でも全部食べ切るのに途中休憩が必要でした。

アペタイザーにはスープ(クラムチャウダーorミネストローネ)、もしくはシーザーサラダが選べます。ステーキと一緒に盛られたロブスターが甘くてこれも絶品でした。

▼シーザーサラダ。セットメニューに含まれます。

▼6oz and Grilled Lobster Tail Saga Premium(3100ペソ)

ステーキに合うドリンクといえばワイン。

Melo’sではアメリカ産とニュージーランド産のワインがあり、白ワイン、赤ワイン、スパークリングワインから選べます。

グラスワインなら320ペソ~、ボトルなら1800ペソ~です。

 


 

いかがでしたか?

最高の和牛とアンガス牛が食べられるレストランMelo’sをご紹介しました。

今回は和牛をいただきましたが、次回はアンガス牛を食べてみたいと思います。

皆さんも、マニラに訪れた際はぜひ行ってみてくださいね。

sakimello

さきめろのブログへようこそ。 このブログを運営しています、さきめろと申します。
メニューを閉じる