フィリピン・ルソン地域 4月30日までロックダウン延長

フィリピン・ルソン地域 4月30日までロックダウン延長

 

フィリピン・ルソン地域 4月30日までロックダウン延長

みなさん、こんにちは。

フィリピン・マニラ在住のさきめろです。

先日更新したブログで、フィリピンではコロナウイルスによるロックダウン(強化されたコミュニティ隔離措置)は延長されるだろうという予測していました。

新型コロナウイルス|フィリピン・マニラの現状

ちょうど昨日、ドゥテルテ大統領が、メトロマニラ含むルソン地域全域のロックダウン延長を発表しましたね。

今回の延長はとりあえず4月30日までだそうです(当初の予定は3月17日から4月12日まで)

こちら、現在のフィリピンの感染者と死亡者数。
何度も言いますが、フィリピンでは検査が受けられない人がほとんどなので実際の数はもっと多いと考えられます。

感染者数:3,764
死亡者数:177
回復者数:84

正直、今回のロックダウン延長で、わたしはホッとしています。

私も会社で働いていますので、オフィスで働けない、ベビーシッターが雇えない、食料が思い通り手に入らない、外に出られない・・・など精神的にも体力的にも一派いっぱいの生活ですが、やはり安全と健康が一番大切。

自分が外でもらってきたウイルスを家族に移すことだけはしたくありません。

120万人もの人々が住むメトロマニラ。今ロックダウン緩めたら、パンデミックのピークは恐ろしいことになると思います。



 

NO WORK NO PAY 貧困による犠牲者

 

以前ドゥテルテ大統領が、ロックダウンを続けるためには経済的支援をする余裕がないと話していましたが、コロナウイルスのパンデミック、医療崩壊を最小限にするには、延長するしかなかったのかな、と思います。

わたし含め、会社からお給料がもらえる人、在宅ができる人たちは本当に恵まれています。働けなくて生活が苦しい人々にとっては苦しい状況が続くことになりました。

心配なのは、貧困による犠牲者です。

4月になり、食料支援を求めた抗議デモも起こっています。新型コロナウイルスとロックダウンのおかげで収入源を失った人たちが飢えつつあり、不満は限界。抗議デモで帰宅しろとの要請に従わなかった人達は、警察によって逮捕されています。今後の治安も心配です。

スーパーマーケットは営業していますが、値段はやはり上昇しているそう。

感染者だけでなく、貧困による犠牲者が増えてしまわないように、政府の支援が必要なときだと感じます。



 

医療相談ホットライン

メトロマニラ在住者専用の医療相談ホットラインが始まりました。24時間対応、無料です。

体調が悪い、感染したかもという方は、下記のホットラインに連絡してください。

医療相談ホットライン

●マニラ首都圏在住者専用医療相談ホットライン
(02) 8424-1724 又は (02) 7798-8000

●新型コロナウイルス感染症ホットライン:¥(02)8942-6843 又は 1555(注:後者は4桁のみでつながります。)

 

参考
ALJAZEERA ‘Duterte extends Philippines’s coronavirus lockdown to April 30’
在フィリピン大使館 【領事班からのお知らせ】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について

 

フィリピンに関するお問い合わせはこちらからお願いします。

 



 

sakimello

さきめろのブログへようこそ。 このブログを運営しています、さきめろと申します。
メニューを閉じる