海外で仕事を見つけるならLinkedInで!効率よく仕事を見つける方法をご紹介

海外で仕事を見つけるならLinkedInで!効率よく仕事を見つける方法をご紹介

こんにちは。さきめろです。

グローバル・キャリアを考えて海外で働きたい人に活用してほしいのがLinkedIn。

LinkedInは世界に5億7千万人のユーザーがいいるメガSNSのひとつ。世界中のリクルーターの90%がLinkedInを日々使用して候補者を探しているというデータもあります。

LinkedInのプロフィールを少し工夫するだけで、リクルーターの目に留まりやすくなったり、スカウトメッセージを受け取りやすくなるんですよ。

海外就職を目指すなら、LinkedInを上手く活用するのがおすすめです!

私自身、LinkedInで求人検索をしたり、実際にリクルーターから連絡をもらい面接に進んだことがあります。少しの工夫で、リクルーターからスカウトメッセージを受け取りやすくなるので、参考にしてくださいね。




 

企業のダイレクト・ソーシングツールLinkedIn

まずはLinkedInについて説明します。

LinkedInは、候補者と企業をダイレクトに結びつける、ビジネス特化型のソーシャル・ネットワーク・サービス (SNS) 。

日本では、情報収集や遊びで使うユーザーがまだ多いのですが、LinkedIn発祥の地アメリカでは、自身のキャリアを示す『履歴書』として使っています。

日本の『採用』のイメージは、企業と求職者の間に、リクルートエージェントがいる形を思い浮かべると思います。

例えば新卒採用であれば、リクナビやマイナビなど、リクルートエージェントに登録し気になる企業に出会っていきますよね。ハイキャリアならビズリーチが代表的です。

こういったリクルートエージェントを使わず、企業と求職者をダイレクトに結びつけるのがLinkedInです。

例えば、企業の人事担当者やリクルーター(以下リクルーター)がぴったりの候補者をLinkedInで見つけたら、直接メッセージを送って興味の度合いを伺うことができます。

逆に求職者も企業に直接アプローチすることができます。

気になる企業の人事担当者に直接メッセージを送り、自分とマッチする職種の募集があるか聞くこともできますよね。

世界の採用事情は、企業と候補者が対等になってきているのです。

 

まずはLinkedInのブランディングを!

LinkedInで就職活動をしていくなら、まず行うべきことはプロフィールを充実させること。

日本では、まだSNS上でプロフィールを公開することに抵抗を感じる人が多いですが、それじゃもったいない!

自分の持つスキル、経験、学歴、職歴はできる限りたくさん埋めたほうが良いです。

なぜたくさん埋めたほうが良いのでしょうか?

理由は、リクルーターの検索ワードにひっかかりやすくなるからです。

LinkedInで採用活動をしている会社は、LinkedInの『リクルーターアカウント』を持っています。

これは、一般のユーザーが使うLinkedIn.comのアカウントではありません。全世界のLinkedInユーザーを検索できる特別なアカウントです。

リクルーターアカウントを持つと、場所、スキル、職種、業種、キーワード等を駆使して、求める人材を探しアプローチすることができます。

そのため、たくさんの情報を書いていれば、それだけリクルーターがあなたを見つける確率は高くなります。

 

プロフィールを英語で書く

海外就職を目指すなら、もちろんプロフィールは英語で記入しましょう。

もし就職したい国で英語以外の言語が使われているなら、「その英語+現地の言語」で記入すると良いです。リクルーターは、候補者を検索する際、現地の言葉でキーワード検索をしているからです。

例えば、中国で就職したい場合、英語で記載したまったく同じ内容を、中国語でも記載すると良いですね。

 

居住地を設定

 

居住地は、就職したい国で設定するのがおすすめ。

ただし居住地にウソをつくのはよくないので、あくまでも近い将来移住予定である、もしくはすでにその国に住んでいるけれど設定が日本になっている場合のみ。

例えばフィリピン・マニラでお仕事を探すのであれば、Edit Infoから、このように入力します。

【入力例 フィリピン・マニラの場合】

Country・Region(国・地域):Philippines
Locations within this area(エリア):NCR – National Capital Region
ZIP code(郵便番号):1634

このように、就職したい国、地域をせっていすることで、まさにそのエリアので人材を探しているリクルーターから、スカウトメッセージを受け取りやすくなります。

 

思いつく限り、学歴・経歴・スキルを入力する

【経歴 Experience】

【経歴 Education】

経歴と学歴はしっかりと入れましょう。ここがいちばん大切なポイントです。

リクルーターは、あなたの入力した学歴、経歴、スキルをもとに『求めている人材とマッチするか』『募集職種に必要な経験を満たしているか』をチェックするからです。

達成したことを具体的に、数字も入れて記入すると評価してもらいやすくなりますよ。

また、過去に学んだこと、仕事での経験を思い返して、思いつく限りスキルを埋めていきます。

例えば営業の経験がある場合、単に『Sales』と入れるのではなく、もっと深堀りしていきましょう。当てはまるキーワードがあればあるほど、リクルーターはその人を評価します。

営業で必要になってくるスキルは何でしょうか?

Googleで営業スキルを検索してみると、実はこんなにあります。この中で自分が身につけている好きすを選んで入力していけば、リクルーター検索で引っかかりやすくなりますよ。

営業スキル トップ30
Coachable
Adaptable
Sociable
Responsible
Goal-Oriented
Empathetic
Ambitious
Prospecting
Research
Storytelling
Relationship Building
Knowing When To Shut Up
Time Management
Information Gathering
Critical Thinking
Problem Solving
Collaboration
Product Knowledge
Understanding of Common Business Softwares
Business Communication
Client Engagement
Active Listening
Conflict Management & Resolution
Sales Presentations / Demos
Social Selling
Contract Negotiation
Policy Knowledge
Referral Selling
Closing Skills
Customer Success
Self Motivated
Passionate About Selling
LinkedInは、あなた自身を売り込むツールです。情報があればあるほど評価してもらえます。

ただし、ウソを記入するのはやめましょうね (笑)

 

Career Interestsを設定する

 

画面の上に”Job”というアイコンがるのでクリックすると、”Career Interests”があります。ここで、希望職種・希望勤務地を設定できます。

会社でフルタイムで勤務したい場合は”Full-time”、パートタイムがいいなら”Part-time”など設定することもできます。



 

求人を検索してみよう!

 

プロフィールが設定できたら、これでLinkedInの準備は完了です!

これからあなたのできることは・・・

・リクルーターからスカウトメッセージを受け取る
・求人を検索する

リクルーターからの連絡を待つだけじゃなくて、自分から求人を見つけて応募することもLinkedIn上でできます。

Searchボックスにカーソルを合わせて、”Job”をクリックします。

希望勤務地を入力します。

国名、またはエリアや都市で検索することもできます。

希望勤務地で結果が出たあとに、さらに絞り込みたい場合は右上の”All Filter”をクリックします。

職種、業種、雇用形態、会社でも絞り込みできます。

 


 


いかがでしたか?

海外就職を考えるなら、まずはLinkedInを活用するメリットをお伝えしました。

ぜひ、LinkedInをあなたの就職活動に活用してくださいね。

もし質問等あれば、お問合せフォームからご連絡ください。

sakimello

さきめろのブログへようこそ。 このブログを運営しています、さきめろと申します。
メニューを閉じる