フィリピンで運転免許証を取得する方法(マニラ編)

フィリピンで運転免許証を取得する方法(マニラ編)

フィリピンでは、ジープニー、タクシー、Grabなど、さまざまな手段で移動ができますが、自分で運転できると生活がぐんと便利になります。

特に渋滞のひどいマニラでは、車を運転できれば行動範囲が広がります。

わたしはマニラに住み始めて約4年。運転免許証を先日、取得しました。

今まで職場に行くにも、買い物に行くにも、徒歩、Grab、MRTかLRT、ジープニー、UVエクスプレスなど、いろいろと組み合わせながら移動していました。でも、これが本当に疲れるんです。

混雑していると長い列に並ばなければいけないし、MRTは頻繁に故障のためストップするし、Grabは渋滞だと全然つかまらないし・・・

フィリピン生活をさらに充実したものにするために、運転免許証を取得してきました。

今回は、フィリピンの運転免許証を取得する方法をお届けします。

 

フィリピンの運転免許証を取得するには

 

フィリピンで運転免許証を取得するには2つ選択肢があります。

1. 新たにフィリピンの運転免許証を取得する
2. 日本の運転免許証をフィリピンに書き換える

どちらにしても、外国人はLTO(Land Transport Office)のセントラルオフィスで申請しなければいけません。

 

1. 新たにフィリピンの運転免許証を取得する

事前に準備するものと、LTOで手に入れるものとあります(★マーク)。

必要書類は下記の通り。

運転免許申請に必要な書類

① 運転免許証取得 申請用紙 ★
LTOでもらえるので、その場で記入します。または、事前にダウンロードし記入することもできます。ダウンロードはこちら

② パスポートとそのコピー

③ ACRカード (Alien Certificate of Registration) とそのコピー

④ 長期滞在に有効なビザ
ビザはパスポートに押されたスタンプがあればOK。ビザスタンプのページのコピーを持参します。最低5ヶ月以上滞在できるビザでないといけません。また、申請時に最低1ヶ月は、フィリピンに滞在している必要があります。

⑤ 診断書(Medical certificate)★
LTOの周りに、いくつかクリニックがあるので、当日に診断書を発行してもらえます。混んでいなければ10分程度で終わります。(下に補足説明をしています)

もしフィリピンの企業に雇用されている場合、TIN番号(Taxpayer’s identification number)が必要です。

書類を提出すると、まずはStudent driver permit (SP)を受け取ります。これは、新たに運転免許証を取得する際に発行されるものです。『まだ勉強中』であることを表します。

SPを取得後30日経過したら、サイドLTOへ行き、Student licenseをNon Professional Licenseにアップグレードします。

 

2. 日本の運転免許証をフィリピンに書き換える

日本の運転免許証をフィリピンに書き換える場合、『1. 新たにフィリピンの運転免許証を取得する』でお伝えした5つの必要書類に加えて、下記の書類をLTOに提出します。

日本の運転免許証

運転免許申請に必要な書類 追加分
⑥ 日本の運転免許証(原本)

⑦ 運転免許証の翻訳証明
在フィリピン日本大使館で、運転免許証の翻訳証明を取得します。取得方法はこちらをご覧ください。→在フィリピン日本大使館 運転免許証の翻訳証明

 

書き換えの場合は、1日で発行まで完了します。

書類をすべて提出し、30分~1時間ほど待つと職員に呼ばれます(時間は込具合によります)。料金を払い、IDにのせる写真を取り、指紋採取をします。

ここまで終わったら、あとはIDができるまで待つだけです。30分~1時間ほどかかります。

 

クリニックについて

⑤ 診断書(Medical certificate)で記載した、クリニックについて補足です。クリニックと言えるほどちゃんとした場所ではありませんが、LTOの周りにいくつかあります。

申請の窓口に聞くと、クリニックのリストをもらえます。その中にどこかに行けば大丈夫です。LTOの周りに、チップ目的でクリニック案内をしている人がたくさんいるので、連れて行ってもらっても良いと思います。

費用は大体500ペソから600ペソで、運転免許証取得用の診断書を発行してくれます。この診断書一部を、他の提出書類と一緒に提出します。混んでいなければ10分から15分ほどで終わります。

 

申請時の服装について

LTOに行くときは、必ず長ズボン、シャツ、靴でいきましょう。短いパンツやミニスカート、スリッパはだめなので気をつけてください。

 

LTO Central Office (LTOセントラルオフィス)
・住所:Land Transportation Office, East Avenue, Quezon City, 1101 Metro Manila
・公式ホームページ https://www.lto.gov.ph


 

sakimello

さきめろのブログへようこそ。 このブログを運営しています、さきめろと申します。
メニューを閉じる