フィリピンのクリスマスパーティーに参加してきました♪

フィリピンのクリスマスパーティーに参加してきました♪

メリークリスマス!

今日は12月24日、クリスマスでイブです。

先日、ヤヤさんの家族のクリスマスパーティーが開かれたので、娘と参加してきました!(「ヤヤさん」とは、フィリピン語でベビーシッターのことです)

メロファミリーのために、いつも頑張って働いてくれているヤヤさん、アテ・エミー。

わたしのお母さんのような存在で、優しくて気が利きます。こんなに素晴らしいヤヤさんがいてくれるなんで・・・本当にラッキーです。

ヤヤさんの家族は、毎年クリスマスの少し前に、盛大にクリスマスパーティーが開いているそう。

会場は、メトロマニラのCainta(カインタ)にある、Green Park Villegeという場所。スイミイングプールを貸し切って行われました。

このGreen Park Villageは、ゲートで囲まれたエクスクルーシブ・コミュニティです。といっても、少し歩くとサリサリストアがあったり、野生のニワトリがいたりと、田舎の雰囲気残る素敵な場所です。

 

わたしの住むBonifacio Global Cityからは13キロほどの場所。クリスマスの時期で渋滞がひどかったので、1時間ほどで行くことができました。

ヤヤさんは、なんと13人のきょうだいがいるそうで、大人と子供合わせておよそ60人が集合!

各家庭が料理を持ち寄るポットラックパーティーで、さまざまなフィリピン料理がテーブルに並んでいます。

フィリピン風チキンカレー、チキン唐揚げ、ライン、ポークリブBBQ、ジョリビーのスパゲッティ、バナナ、サンミゲルビール・・・

中でも、食べ物の主役はあの・・・レチョン!

『レチョン(Lechon)』とは、フィリピンで食べられる豚肉料理。

1頭の豚を、内蔵を取り除いてまるごと串に通し、炭火で焼き上げます。

フィリピンでは、カトリックの行事や、フィエスタ(祝祭)に欠かせないお料理です。

これはさすがに、手作りは無理なので、今回はGavinos Lechonというレチョン専門店で購入し、パーティー会場に届けていただきました。

お値段は、この大きさで7000ペソ!(日本円で約15000円)かなり高級な食べ物です。

GAVINOS LECHON
公式Facebookページ

面白いのは、フィリピン人はこの豚の丸焼きを残さず全部食べるんです。

豚の顔、皮、足・・・ほんとに全部残らず食べきります。

わたしは、白いお肉だけいただきました。(汗)

食事が終わって、スイミングプールも楽しんだところで、最後はプレゼント交換です。

テーブルにズラッと並んだプレゼント。これをパーティーの終盤に配って、盛り上がったところでパーティーは終了。

わたしの娘も、初めての場所でトライセクルや野生のニワトリを見て、楽しかったようです。

この時期、日本では、この時期忘年会で忙しい方が多いと思いますが、フィリピンはクリスマスパーティーに大忙し。

12月に入ると、会社、学校、家族・親戚同士、友人、いろいろな場所でクリスマスパーティーが開かれます。今回は家族でまったり、プールで泳いだり、カラオケしたり、踊ったり、アットホームなパーティーでした。

規模の大きいパーティーになると、例えば会社がホテルのカンファレンスルームを貸し切って盛大に行います。

毎年、フィリピンの皆が一番楽しみにしているクリスマスの様子をお届けしました♪

sakimello

さきめろのブログへようこそ。 このブログを運営しています、さきめろと申します。
メニューを閉じる